赤ちゃんは大人より、汗をかきやすい体質です。その為に、汗が溜まる場所には汗疹ができます。赤ちゃんは話しこともできにので、汗疹が悪化していくことも多いのです。そんな汗疹対策にはアロベビーミルクローションがオススメです
MENU

赤ちゃんの汗疹には保湿!アロベビーミルクローションがオススメ

赤ちゃんの汗疹ケアに保湿クリームをお探しなら!
アロベビーミルクローション
夏になると赤ちゃんの肌トラブルが多くなってきますよね。

 

お風呂に入ったときに、このブツブツは・・・こっちにもあっちにも、色々な場所に湿疹が・・・

 

それは汗疹です。

 

この記事では、赤ちゃんの汗疹の予防と対策。
そして、アロベビーミルクローションを使っての保湿を紹介していきます。

 

汗疹の原因

赤ちゃんは汗疹ができやすい環境にあることはご存知ですか?
大人より、体温が高く、新陳代謝も盛んです
そして、汗の出る汗腺が大人より多いのです。

 

大人の3倍ほどの量の汗をかくといわれえいます
そりゃ汗疹でるわ・・・っと思いますよね。

 

でもそれだけではないのです。

 

赤ちゃんは汗腺が未発達なので、汗が汗腺の出口につまりやすいので、不衛生な状態になりやすいのです。

 

これらの原因があって、赤ちゃんは汗疹がでやすい傾向にあるんですね。

 

 

赤ちゃんの汗疹ができやすい場所は汗が溜まりやす場所です。
汗疹ができやすい場所で最も多いのが『おしり』だそうです。

 

そして、『腰』『頭』『首』の順です。

 

私の娘は最初は首回りに汗疹がでました。
その次にオムツの腰回りにできました。

 

そのまましていると危険な汗疹

このブツブツは汗疹なんだ。
それなら、そのままにしていても問題はないだろう
そう思っていたら危険です。

 

私も初めは、自然にできるものとばかり思っていたのです。
言葉をしゃべれないので、掻きむしっているツメの傷が残っているのを見ると、もっと早くわかってあげたらよかったと思うばかりでした。

 

 

そして首回りから腰回りの汗疹が移ってきたのです。

 

汗疹をそのままにしていると、広範囲に広がり、『とびひ』し悪化することもあります
『とびひ』とは伝染性膿痂疹といいます。細菌が皮膚を感染して発症します。かいた手から他の体の部分に触ることで、他の部位に拡がっていきます。また怖いのが人のうつる病気です

 

まさに、『とびひ』かもしれないと思いました。

 

汗疹のケア方法

赤ちゃんの体質状、汗疹が出やすいのです。
予防方法を紹介していきます

 

汗をそのままにせずに清潔に保つこと
汗を掻いたら、こまめに服を着せかえる
夏はオムツのは早めに交感する
大人より、薄めの服、1枚少ないくもOK
室内の温度を快適に保ち、エアコンなどで、うまく調整しましょう(冷やし過ぎ注意)

 

 

汗を掻いたら放置しないで、着替えされ、清潔に保つ!
これですね。これは、汗疹の予防です。

 

保湿も重要そんな時がアロベビーミルクローション

汗疹が広がってきた場合は保湿も重要です。
赤ちゃんは大人より肌が敏感です。
汗疹で炎症を起こしてしまうことで、肌のバリア機能が弱まります

 

炎症→かゆみ→広がる

 

この繰り返しになってしいます。

 

肌に保湿し、角質層に水分を与えることで、肌のバリア機能は高まり、炎症が抑えられれば痒みもおさまります。

 

 

子供の保湿ならアロベビーミルクローションです。
子供用に保湿クリームも市販で販売されているものなど色々ありますね。
私がオススメするのは、オーガニックで赤ちゃんの肌にも優しい成分でつくられている
アロベビーのミルクローションです。

 

初めは、乳児湿疹につかっていた。
このローションですが、使う用途は同じです。
肌に保湿して強くしてあげることです。

 

ローションといってもベタつきが少ないので、熱い夏でもローションをつけることで蒸れることもありませんでした。

 

 

このページの先頭へ